2014年06月09日 Monday

映画

大雨で電車が通常運行していなかった週末。
日曜日も無理はせずと思っていたら、8:00前には通常ダイヤで運行していた。
雨もそれ程ではない模様。

それなら万能鑑定士Qの劇場版でも見に行くかなと劇場をチェックしてみたところ、15:10から新宿バルト9でやっていた上に、17:55からRGZもやっていたので、天気が悪化しなそうなら連続で行ってみるか的な。
更に秋葉ホビステでクルセイド公認もあったので、混んでないか早く終わるなら流れ的に良いかなとそんな予定を立ててみた。
ネックは最初からの予定じゃなかったから出発がちょっと遅かったので、チケットを予め購入するというルートがとれなかった事。
そんな人気じゃないだろうから大丈夫だろうとか思っていた。
流石の秋葉ホビステという感じで、京都前だから結構参加者がいる。
いつもの面子だけど、旧マント5枚のパターン。
D門さん達は多いからと横で観戦なくらい。

赤単ファフナーがどんな感じが体感したいくらいの感覚だったのと、急遽決めたのでFINALから一切カードを弄ってないからそのままFINALの時のFINALアクセルで。

最初にMAY-HALさんと当たって、希望通り赤単ファフナー体験。
1ゲーム目は強烈打点じゃなかったので4ターン目から捲れそうだったのだけど、Gからの置き換えでイージスが出てきて水の泡。
Gまで確認できないというか、対戦して覚えないと仮にチャンスが有ったとしても活かせず死ねると実感。
プレイヤーの腕の問題なので仕方ないかなとも思う(そこまでやる気もない)。

2ゲーム目は打点も高かったので普通に無理っぽかった。
非日常の光景の2枚目を長官で切らなければ違う展開もあっただろうけど、結果は変わらなかったんじゃないかなって感じはする。
なんというか、相手はGをプレイしただけなのに凄い強いキャラが2枚場に出てくると唖然とするしかなかった。

先攻の時に上手く噛み合ったら勝てる可能性はあるかなくらいで、良くて1-2という印象しか持てず。
早い段階からの除去が強い作品じゃないと無理ぽ。

2ゲーム目は閃帝フルメタと。
お互い負ける時は酷い引きが目立って、なんというか噛み合わない対決だった。

3ゲーム目は赤黒超機神。
引き直しの初手が今回は2回とも良くて、相手もガッチリ回ってるけれどジェネシックで一掃を2連続。
龍虎王が対象にならないのに気づかず一緒に除去ってしまったり、龍虎王にマイナス飛ばしがあるのを知らずに巻き戻して貰ったり、公認ならではのプレミも多かった。
ホント作品が増えたから、色んなタイプと当たるとなると覚えるのが大変だなという感想。

結構強くなってるらしいマギや星矢(慣れてるタナトス系以外)と当たったら、余裕でわからん殺しされる自信がある。

14:00には対戦が終わったので丁度良いと、参加賞は投げて撤収。
そしてバルト9でチケットを買おうとしたら、15:10だけ完売状態。
その後の2回はまだ◎表示だったけど、やはり夕方に終わる方はまだ人気があったか。
映画自体の人気はそれ程じゃないと思うけど、まだ1週間くらいしか公開してから経ってないしな…。

さすがにRGZは◎だったので、天気も大丈夫そうだしそっちを購入。
劇場限定カットはちょこっとだけだったので、安上がりな映画だなぁとか思いつつ。
上映ヶ所も少ないから、それ相応なんだろうけど。

先行公開の4国Zちゃんのイラスト微妙だなと思っていたけれど、最後のファイナルダイナミックなんちゃら系をぶちかます時のカットだった。
盛り上がるところなのに、あんな微妙な絵だったのね。

劇場プロモとBDプロモはなんとか手に入るとしても、ガンスリプロモはどうにもならない。
そしてガンスリプロモがデッキには一番重要という最悪のデザイン。
そりゃ周りで諦める人も増えるわ。

予想通り過ぎて当然なんだけど、オフィシャルが何がしたいのかは良く分からん。
もう受注済みだからどうでも良いとか思ってるとしても、この結果がどうでるやら。
■RECENT ENTRIES FROM SAME CATEGORY■

コメント

コメント入力







この記事のトラックバックURL

http://relena.sakura.ne.jp/blog/tb.php/3703

トラックバック