2014年08月11日 Monday

クルセイド祭東京

台風の近づく中、仕事の都合もあって行けない状態ではあったのだけれど、雨が強くなりすぎて色々都合が悪くなった事と、栃木からの面子が結構ネグザに来てるというメールを貰ったので、ギリギリラインの13:30過ぎくらい着の電車で出発。
雨も降ったり止んだりで電車への影響はまだ無く、無事予定時刻に到着。
しかし遠い。

こんな時サンシャイン60だったらどれだけ楽だったか。
予算の問題なんだろうから仕方ないけど、池袋復活なんて時代が再びくるだろうか。
たぶん来ない。
取り敢えず行ったからには遊ばないとなので、8リロ作品を全く持っていないからガンスリ一択。
デッキは新しいのが急造マイトガインしかない(回してすらいない)ので、取り敢えずFINALで様子見。
順調に勝てたのでそのまま9勝になるまでFINALで通して終了。
最後は負けても勝ってもOKだったからマイトガインでも良かったのだけれど、回してすらいないと自分でもとまどいそうなのでやめた。

負けた時はマテリアライズに2ターン目7点、3ターン目13点を先攻で決められて為す術無しと、赤単ファフナーに先攻で1ターン目ゼクス、2ターン目ベイバロン、3ターン目ゼクスとやられて為す術なしみたいな直ぐ終わる戦い。
それよりジャンケンが3回しか勝てなかった事を課題にしたい。

合間にクルセイド勢に挨拶したり、栃木のメンバーと挨拶したりしつつ、最後は最終戦を色々観戦。
とはいっても、Bブロック以降はどこがトップか分からないので(対戦表見るという発想がなかった)、Aブロックだけ見てた。
3番卓までに赤単ファフナーが4人いたり、5番以降もどっちか赤かったりとやはり使用率も上位にいる率も高い模様。
4番卓のフルメタvsマイトガインを結構眺めてた。
手札にコマンド(疑似含む)が集まっても、場が唐竹割りばかりだと1回しか起動しないのが噛み合わない感じもしてた。
とはいえ唐竹割りが弱いというわけじゃなく、サイズがでかすぎるフルメタだからこそな噛み合い方な気はするけど。

結果はAブロックが赤単ファフナー、Bブロックが赤単ファフナー、Cブロックがマイトガインの優勝で、Cブロックの発表時は流石に盛り上がった。
マイトガイン+ホライゾンみたいだけど、どの辺を活かすのか興味深い。
ホライゾンを把握してないだけに余計に。

ひとがた さんがBブロックで3位に入賞したので、入賞やったぜの勢いか賞品のZちゃんを投げてくれるというトンデモな展開に。
今度全力でお返ししなければ。
2回目でZちゃんの値段も落ちてきたけれど、まだまだ入手頻度が少なすぎる。
ガンスリでRGZからはじめました的な人と当たったけれど、当然Zちゃんも集結も持って無くて、こういう人にこそ届かないでどうするんだって思いながら対戦したりした。
デッキのコアがこれはダメだ。

ギアスの時ですら公認で配った上でもあんな状態だったわけだけど、あれのおかげでユーザーが増えたなんて集計結果が出たのかね。
ギアス人気で増えたのが挫折して消えて行ったとしか思えないんだけど。
真面目にどういう理由でデッキに必須のカードを入手難にするのか教えて欲しい。
カートン買えば3枚揃ってなんとかなるみたいな売り上げに繋がる方向ですらない入手困難さの意味とは。
常識的に考えて、呆れられたら他のゲーム(TCGに限らず)に移るだろうに。

ルールが雑なところと、一部意味不明な読み替えしたところとかあるけど、ゲーム的には結構楽しく遊べるシステムだから頑張って欲しいところだけど、最近の速度が行き過ぎてるのを調整できるのかどうか。
メタカードを各作品に増やすにしても、販売ペースの低下がそういう方向では仇になるという。

いつものパターンだとジョジョは赤単ファフナーをお客さんにする勢いのはずだけど、できるのかどうか。
速くて、高機動で、早出しもあって、ドローして、カウンターして、バウンスして、相手ターンも本国削るというかなりやりすぎなデッキパワーなだけに、インフレし過ぎも怖い。
ギアスだらけの時に近い抜け出てる感だから、このままもう一段インフレすると、置いていかれる作品がまた一段と増えてしまう。

不安な気持ちは拭い去れないまま打ち上げに。
あやや が髭男爵になって原画を手に入れたのと、秋河さんがちゃっかり少佐まで届いたのを祝いつつ。
あやや の我が儘に振り回されまくって全く店が決まらなかったけれど、もうここで良いじゃないと入った焼肉屋が結構美味かったので取り敢えず満足。

まだ雨の影響もなく無事に帰宅できたけれど、翌日は大雨の影響で西武線のダイヤ乱れまくりのお出かけ不能に陥ったのだった。

9月だかのRGZ集結を集めて、なんとかデッキを形にしたいところで。
■RECENT ENTRIES FROM SAME CATEGORY■

コメント

コメント入力







この記事のトラックバックURL

http://relena.sakura.ne.jp/blog/tb.php/3727

トラックバック