【2001年上半期GT予選 Aブロック 2001/7/21】

当日までサイドの2枚が決まらないと言う悩みモード。ウーイッグ爆撃にするか覇道にするか。覇道の国力が3ならば迷わないのだが、4というのはネックだ。しかし、手札からバビロンが割れないのは痛い。といって、国力4は毎回溜まるわけもない。悩んだあげく、捕獲対策にウーイッグ爆撃を選択する。ZZにも使えるけど、居ないと判断したりしてる。
当日は遅刻しつつも、なんとか開始前に受付を済ますことに成功。同じブロックには、たか さん、SIMAZINさんがいて、前日合流していたASどんの知り合いの方も居た。緊張感のかけらもなく談笑していると、間もなく開始へ。なんか余裕無いな。<遅刻する奴が悪い Aブロックは気持ち少な目で、98人前後だったようだ。1回戦で不戦勝が居たので、奇数なのは間違いないのだが。会場入り前にデイリーヤマザキで烏龍茶をゲットしたときに、50円引きレシートが当たる。これは幸先良いのか悪いのか。さて。
参加デッキ:黒萌速攻

○1回戦 vs赤単 2-1
亜Qさんの知り合いの、Mさん。長野から来ているというので、もしやと聞いてみたらビンゴ。共通の知り合いが居るって良いですな。
所謂赤単。しかし黒単はもろメタだったらしい。岡谷でも猛威を振るっていたので、それは当然といえば当然。かなり不利か。
○GAME-1
手札は普通。ユニットの展開は良いものの、相手も順調にバウ。相打ちとっても、またバウ。リカーバーでのユニットの引きが悪く、キャラバウ1体まで減らしても、それを破壊する戦力が構築できず。本国は半分以上減らしていたもののバビロン。この後のキャラクターはカウンターされる形で、場で勝って手札カウンターという理想形態にされ負け。
○GAME-2
茶入りではないので、サイドチェンジは無し。相手もチェンジ無し。どっちもメタ対象な訳だ。今回は展開は普通だったものの、相手が1Gで2ターンほど止まる。この2ターンのアドバンテージは非常に大きく、本国を23枚まで減らしても相手4Gでこちらの手番。手札はティターンズ結成、偽りの会談、決戦、特攻。相手の手札は5。配備フェイズにティターンズ結成。これは鉄仮面。その後偽りの会談。これは通る、なのでカットイン決戦。これも通る、更にカットインバイクに特攻。これは鉄仮面。看破はなかったようだ。しかし、この時点で決戦×2を使用すれば22点出る。防御ステップに撤退がなかったため、決戦フル使用で22点でドロー勝ち。決戦強いね。※注:決戦は重複しません。お互いに気づいてなかったようです。
○GAME-3
手札にG1枚なものの、バイク、ガンダム、ロザミィ、整備不良、メガネザクと悪くない。後攻なので1ドローとバイクドローに期待でスタート。正解のようで、ファーストドローがG。ガツガツ展開して、2ターン目5点から3ターン目7点。序でに内調も破壊。報道はカウンターされつつも、カウンターを減らす目的で使っているためO.K.。実は整備不良持ってたり。バウが出てきたところで、早速整備不良。勢い止まらず殴り続けて、相手諦めつつ「バビロン割らせてあげます」とバビロン配備。撤退でもあるのかなと思ったところ、なにもなし。バビロンをカメラに捉えて勝利。
実は対黒単用に、サイコミュユニットを入れていたらしい。バウに乗ったキャラ・スーンがNTの方だったので、おかしいとは思っていたのだが、サイコミュという連想が出来なかった。甘過ぎだ。実際サイコミュユニット引かれてたら、かなりやばかったなぁ。今は影を潜めているからメタ外って事で無視してたけど、天敵だってばさ。

○2回戦 vs青髭雨天破滅 0-2
1回戦で隣だった人。明るくて良く喋る感じの良い人。
まさにメタ外。決められたら負けな上に、速攻メタときた。上手くまわらないと厳しい。
○GAME-1
微妙な手札。メガネザク×2だ。遅いデッキと信じて始めてみる。序盤はヘタレだったものの、そこそこユニットが揃ったのと、相手の道具が割れるのは偉かった。しかし、青髭とわかったときに雨天破滅を連想するべきだったのだけど、連想できなかったのが敗因か。整備不良イーゲルを無理矢理起こして雨天破滅。本国は大分削っていたのだが、紫Gから木星圏を使われて、決戦を使う機会が与えられなかった。。しかしリカバーは悪くなく、2Gからガルバルディがリロールしたところで、手札ライラ、相手本国5。つまり次のドローがGか特攻なら勝ちだ。整備不良は全部引いていた状態で破滅されたので、もう引く可能性はない。そしてファイナルドロー。報道された戦争…。終了。
○GAME-2
サイドから圧力イン。少しでも遅らせることが出来れば勝てるはず。しかしながら、展開力最悪。アビゴルとガリクソンのみ。アビゴルにロザミィなのが救いだったものの、Gも圧力も引けない。更に相手はサーベル髭、ミリシャフラット、イーゲル、ハンマー髭と毎ターンユニットが出る。ハッキリ言って終了。本国は減っていて、偽りの会談で嫌がらせして破滅を下に送れたものの、本国6くらいから雨天×2で破滅。ハンマーフルパンプで終了。

○3回戦 vs赤白カウンターウイング 2-0
PRIESTさん。
ノーマルなカウンターウイング。デフォは対速攻ではなかったらしい。
○GAME-1
ユニットが良い感じで展開できる。2ターン目にGが引けなかったので直ぐ偽り。整備不良を4枚目に積み込んでみる。報道はカウンターされたものの、ウイングはゾロ&特攻で相打ち。トルIIIは&決戦で相打ちと相打ちをとりまくったものの、ウイング0登場後バビロンでめっそり。ロザミィガンダムがエースなれど、更に撤退。ここで引いたのはライラ。ばれているロザミィを囮にしてカウンターを誘い、ライラをガルバルディの方にセット。相手はウイング0とトルIII。最初はウイング0で攻撃してきたものの、トルIIIではガルバルディと相打ちなのが嫌になったか、トルIIIで攻撃しはじめる。こちらも相手がブロッカー1枚なら、宇宙地球でどちらか最低4点は出せるので、相手本国が5になるまで攻撃は無視。既に相手は内調で本国を全て見ている状態なので、バビロンが無いのは確定。怖いのは撤退。そして相手本国5になったターン、こちらは9。残念ながらどっちに殴られても整備不良は引けない。トルIIIが来たので、当然くらう。引いたカードはゾロ。相手はウイング0がリロールのみ。撤退がなければ勝てるのだが、撤退無しであのタイミングで攻めてくるだろうか。次の整備不良にかけたかったものの、カウンターはあると判断して止める。撤退があれば今でも次ぎでも負けは負けなので、勝負をかけて攻撃。なぜか通る。残りの本国には逆転カードは無かったと言うことかもしれない。4点殴ってドロー勝ち。
○GAME-2
紫Gを見たので圧力イン。ついでに圧力での遅延は速攻にとっては大きい。展開は順調。ユニットは小粒ながら、3ターン目に圧力。しかし、看破。次のターンにまた圧力。しかし看破。置けないのは残念だけど、看破2枚との交換は美味しいだろう。トルIIIを整備不良したところで、相手はハンド無しからサラサゲット。サラサ、密約、サラサ、密約と使われてあっという間にハンド3に。凹む。しっかりバビロンを貼られたものの、白G2だったので配備はなく終了。それならばと、帰還に報道×2。トルIIIを引いていたらしい。「配備しておけば〜」と、相手かなり凹む。その気持ちはわかるなぁ。トルIIIは敵軍防御ステップに使いたい。序でにかなり倒せたし。とうぜん此処でハンド0に出来たのは大きく。そのままもう1週殴って勝ち。2戦ともバビロン貼られたものの、どっちも2周して勝ちだった。

○4回戦 vs赤茶ハンマーノリシュー 2-1
ライダーTCGのシャドームーンをお守りにする、仮面ライダーな人。近い人種と感じてみる。
ついに本命か。デフォでは厳しいながら、サイド後は戦えるはず。相手も黒単は作っているので、十分戦い慣れていると言っていたが…。サイドをウーイッグ爆撃にして良かったと思った1戦。
○GAME-1
順調に展開しつつも、キャラ無しユニットばかりでパンチ力は今一。そのうち相手が道具でクインマンサを捨てる。捕獲ノリシューに決定。捕獲を気を付けつつ、ゾロとか残して殴っていたものの、宇宙が全く引けていなかったため、結局捕獲で壊滅。残ったゾロでのリカバーは厳しく、捕獲ノリシュー22点とハンマーパンチで終了。
○GAME-2
圧力と爆撃イン。効果的のはずだ。展開力が1ゲーム目より良い。報道3でハンド落としも成功。その代わり、ガンダムに乗り手が居ない。パンチ力が9点と大きかったのが良かったのだが、途中でノリスにガンダムを乗っ取られ10点。ここで相手はジャンクにハンマーを落として手札2。捕獲とノリスと読んで、ウーイッグ爆撃。相手はカットインでハンマーを拾うも、しかしそれだけ。1枚撤退で戻されたガンダムがあるのだけど、ノリスと読んでいるのでプレイせずに終了。相手も諦めてノリスを捨てて発掘してきた。当たりだったようだ。捕獲を引くつもりだろう。捕獲は引けなかったようで、そのまま殴って勝ち。ウーイッグ爆撃偉い。
○GAME-3
2ゲーム目よりは悪いものの、それなりには展開できている。常に相手のジャンクに気を付けつつ殴っていたところで、政治的圧力ゲット。キャラクターと報道のカウンターで消費させているので、通ると信じてプレイ。通りましたとさ。
相手は発掘をまず赤と茶でしてしまう。月面が2枚出ているのに、それらが死んでいることがわかってないようだ。そこで引いたのが密約。プレイするも、「国力足りません」。あわてて紫Gで赤発生。しかし、「出ません」。相手凹みつつもう一度発掘、また赤と茶でプレイしたので既に国力0。没収を引いて直ぐプレイ。しかし、「もう国力ありません」。メチャメチャ凹む。当然なにも邪魔されないので、全軍出撃で勝ち。圧力偉い。黒単には慣れてても、圧力には慣れてなかったようで。

○5回戦 vs緑単重ジオン 2-1
一見暗そうで、結構話せる人
4回戦で一本落とした時点で、入賞はない。3-1同士の戦いなものの、何故か平和だったりする。掃討作戦を考慮した、重ジオン速攻。ユニットが一回り大きいので、上手くまわられると勝てない。
○GAME-1
相手先行で、緑Gセットで終了。??。今日はじめてみる緑Gだけど、速攻じゃないのか?こちらは、バイク、ゾロと順調にスタート。相手2ターン目にハイゴッグ、黒三。ここで、重ジオンか水ジオンだと判明。しかし、黒三は痛い。キャラさえいればチョロいのだが、こういうときには居ない。仕方ないので、ガルバルディセット後に黒三を使わせるために、ゾロとバイクで攻撃。当然ゾロに全部。相手3ターン目にランバグフ、黒三。めっそり。メガネザクをセットして、ガルバルディとバイクで攻撃。当然同じ結果。相手4ターン目に、ゲルググ、黒三。あ〜もうどうにでもして。アビゴルセット後、メガネとバイクで攻撃。防御ステップカメラにとらえた後に、散らして黒三。カットインバイクに特攻で一応3点ダメージを与えておく。この時点で戦力差が圧倒的になってしまい、アビゴルがパワーアップするも追いつけない。序でに、制圧されてパワーダウン。そのまま押し切られる。
○GAME-2
悩みながらもジオン掃討作戦イン。ライラはクロノクルとチェンジ。サイドチェンジがどうこう以前に、こちら爆回り。ガンダムエマ、ガルバルディロザミィ、バイク、ガリクソン、整備不良、決戦等序盤からガツガツ展開して、重ジオンが展開する頃には、完全に優位に。速攻が先攻で回るとこれがあるから強い。1ゲーム目とは逆に圧勝。
○GAME-3
手札が、バイク、バイク、ガルバルディ、エマ、G、掃討作戦。微妙だ。後攻な上に、掃討作戦を優先するか、展開力を優先するべきか。悩みながらもこのままスタートで、最初のドローを見てから考えることにする。今回相手は、はじめて1ターン目からユニットプレイで、ザクII配備。掃討がちらつく。最初のドローはG。掃討撃つよりも、引きまくって展開することに決める。この選択が大正解で、エマドローでカテ公、バイクドローでガンダム、整備不良と引ける。黒三も引かれず展開力勝負になって、相手もザクII、ランバザク、リックドムIIと着実に増えていく。ここで、相手が自分に制圧。バイクエマを持って行かれる。タイミング的に最高のチャンスになったので、リックドムIIに整備不良をセットし、全軍攻撃後掃討作戦。リックドムII以外壊滅。エマさんは散りつつお帰り。こちらのバイクも散ったものの、ガルバルディ、ガンダムカテ公に対して、整備不良リックドムIIとなっては勝負は決まったようなもので、そのまま蹂躙。最後は無理矢理整備不良コストを払って負けていった。

<総評>
結果4-1(8勝5敗)で19位。決勝への門は、広いようで狭かった。2-1で勝つデッキで出たからには、負けること自体予選落ちという事だったのだろう。しかし、メタ外の雨天破滅は痛かった。相手も良く回った上に、こちらが今一というのも残念だった。コンボ決められたらきついけど、回れば充分戦えただろうなぁ。まぁ、これも仕方なし。最後にGか特攻が引けないのも、この日の引きを表していたのかもしれない。

個人的には、6弾環境での黒単はこれで一段落かな。キャラクターが女性ばかりという萌え単なところも良い感じ。速攻が2ターン目に何もしないのは終わっているという考えなので、偽りの会談による事故防止&妨害or援助も気に入っているところ。相手はどうなるか微妙だけど、自分が遅れるくらいなら迷わず使う。整備不良や特攻を積み込んでおくのも、最後の逆転に効果的だったりするし。

対発掘の政治的圧力も上手く機能してくれて、圧力からの報道された戦争というコンボも効果的だ。相手はこちらの帰還に掘りたくなるため、掘ったら手札を落とす。展開できていれば、それだけで赤茶には勝てる。その変わり、木星圏からの発掘という最悪の対策もあるのだが。木星圏が途轍もなく苦手だけど、バビロンのお陰で現在流行っていないというのは有り難いところか。7弾環境でどう変わるか、楽しみだったりする。