【2001年度下半期東京公式大会Aグループ 2002/2/9】

当日になっても、破壊無効プルツーと転向と捕獲のどれをサイドに入れるかで迷い続ける。焼きにかなり弱いので、なんとかプルツーは入れたいとか思いつつも、ZZ、カミーユへの補強も捨てがたい。でも、結局プルツーは諦めた。赤と青が多いと期待して。

100人以上の大会ともなると、安定感のあるデッキや、地雷デッキこそ上に来ると予想する。メタは赤青、青白、赤黒。デッキは破滅ノリシュー。ノリスとエラッタ後破滅という2大パワーカードはとても相性が良いことと、メタ対象に破滅リセットが効果的なため採用してみた。赤茶ハンマーシュートのユニットを一回り小さくして、5ターン目に破滅うちながらシュート。破滅のエラッタを逆手に取って、一撃を決めつつリセットをかける。赤青、青白の大量ドロー系は、本国の薄さが強烈だけに、キチンと回ると本国10以下に追い込める。

3ターン目にギラドーガ、4ターン目に突撃イーゲル&3点、5ターン目にノリス乗せて破滅撃って、19点が理想の回転。トータル22点。初手(引き直し無し)とドローで、最大で相手の本国は18残し。ドローや、資源で使っていると、リカバー不能になるし、逆にドロー等が出来ずに相手の展開が遅いなら、破滅は撃たずに殴り勝ちを目指す。

実際は120人程度で戦うことに。さて、当たり運はあるだろうか。ジオン単とかに当たったら、サイドチェンジで頑張るしかない。

参加デッキ:赤茶破滅ノリシュー

○1回戦 vs赤青6号 2-0
中学生ながら場慣れしまくってる人。大会には出まくっているようだ
メタ勝負の1回戦。速攻系が40人居たとしても、残りの80人に当たればよい。運良く赤青に当たり、頑張れそう。きついのは3ターン目6号だな。
○GAME-1
ジャンケン勝つ。幸先良い。1ターンが大事なデッキだけに、先攻は非常に嬉しい。しかしながら、手札最悪。引き直し地獄へ突入。自分だけだと地獄を見るが、相手も引き直し地獄へ。4枚でG無し&滅茶苦茶な手札で、お互い3枚スタート。うは。
しかしながら、赤、茶、密約と頑張れそうな手札で。相手は赤G内調スタート。こちらは、3ターンまでにG、ギラが引けて、順調に3ターン目ギラ。相手は2Gで1ターン止まる。更に有利に。4ターン目イーゲルと理想通りで、5ターン目にノリス。これは看破。イーゲルもう1体とノリス×2だったので、遅れた相手に2度シュートで勝とうとこれは逆シャアしてみる。しかし、鉄仮面1までしてカウンターしてきた。まぁ、これはこれで良いかも。前夜を切ってきたので、残りの1枚は前夜決定で。もう一枚のノリスを乗せて、破滅はないので普通にパンチ。次のGセットにカットインで前夜。カウンターできず。だが、相手もユニット無いので終了モード。その後2ターン目シュートして勝ち。密約から密約でのリカバーは、ホント助かった。ドローエンジン恐るべし。
○GAME-2
相手赤G先行。お互い順調のようで、青が引けずに苦しんでいる。Gも4で止まってしまい、こちらはギラ×2+ノリスで殴りモード。6号が出てきたところを転向で貰う、破滅も引いているのだが、前夜カウンターまでGが出ているので、使うまでもなく殴り勝ち。今一相手が回らなかったようだ。

○2回戦 vs赤茶サイコミュ 2-0
さわやか系の話しやすい人。
あまり見かけなかった赤茶と遭遇。サイコミュだ。焼かれてしまう。キュベレイ以降がメインであるのを祈りつつ。
○GAME-1
ジャンケン勝つ。調子よいぞ。お互い順調に展開。こちらは、3ターン目ギラ、4ターン目イーゲルと理想通り。しかし、相手に思わぬピンチを置かれる。うはぁ。5ターン目にイゲールをまた置いて、手札のアク使者を信じてノリス乗せて出撃。思ピンはアク使者で失敗させる事に成功したので、ここでシュートしてしまう。そして、次のターンに破滅をゲットして、両面アタックから破滅。吃驚していたけど、それは拙いと看破。しかし、ここで更に押し込めた。破滅を見ると、バビロンは貼りづらいはずだ。しかし、ここでキュベレイ&プルツー完成。あぁ。もう通らないよ。
次のターンにギラを置いて、宇宙地球の両面パンチで削りに。イーゲルブロックで3点。後9点。ここで更にキュベレイ。むぅ。しかし、キャラが乗らなかったのでダメージは通せる。ドローと資源で後6点になっている。3点は出るが…、と、ドローが転向。偉すぎ。プルツー貰って、6点通して勝ち。
○GAME-2
捕獲を抜いて転向イン。摂政も入れようかと思ったけど、相手が入れてくるとふんで、攻め重視で行くことにしてみた。予想通り3ターン目に摂政を置かれる。こんな時に持ってるのは月面G。むむ。しかし、サラサが2枚あるので、月面Gセットで赤を出し、ここで一気に必要なカードを揃える。序でにイーゲルも。次のターンにはGが一つ死ぬので破滅は撃てない。ノリス、破滅、捕獲とあるので、ギラをセットして、ノリスをさっさとシュート。次のターンに、捕獲ノリシューで。ここでキュベレイ&マシュマーが完成。転向は2枚あるので、全然問題なかったり。しかし、次のターンにミス。意識せずに茶Gをさっさとセットしてしまった。転向の指定を満たそうとすると、ノリスが乗らない。ぐ、やってしまった。赤緑Gも持ってたのに。しかし相手本国を数えたら、シュートしなくても余裕な感じ。転向でキュベレイを貰って、イーゲル捕獲して破滅。イーゲルに初起動髭が突っ込んできたけど、プレイコスト2と強襲3点で1点しか変わらず。ギラブロックのが良かったんではないだろうか。帰還ステップに更に相手に密約を撃って、相手本国4くらい。投了でした。

○3回戦 vs青緑メギド落ち空ノリシュー 2-0
静岡から遠征な人。しきりに雨天破滅を気にしていた。破滅撃ったのだけでも見られたのかな。
青緑コロニーを、メギドや落ち空で落としつつ、リロケンノリシューで押し込むタイプ。一度自分で試していたので、そこそこ内容の予想は出来るものの、天和喰らうとどうしようもない。
トップ卓の一番上ってのは、なかなか気持ちよい感じで。
○GAME-1
ジャンケン勝つ。これが流れというやつか。お互い順調で、3ターン目ギラ、4ターン目にギラとノリス。相手は4ターン目にメギドで10点出してきた。1枚月面Gだったので、アク使者喰らう前にという感じか。さすがに強者っぽい。Gは順調だったけど、次のターンにリロケンを出される。逆シャアはあるものの、月面が寝てる。相手はブロックにと攻めてこなかったので、ギラとノリスギラを並べて、ギラ1枚と相打ちに。次のターンにまたリロケン。今度は国力が足りているので逆シャアで。ここで相手本国20。遠い。5点パンチ。とか思いつつ、捕獲を持っているので、次のターンにシュートとケンプファー貰いパンチで勝ちと計算する。前夜が怖いので6G目のGも置かず配備フェイズを終了し、攻撃ステップにケンプファーを捕獲して、ギラノリスをシュートして勝ち。
○GAME-2
落ち空は見なかったけど、パーツ的に間違いなく落ち空型と判断。破滅しやすいタイプとは思えなかったので、破滅を1枚抜いて摂政を入れる。1度アク使者で寝かせてから、摂政で封じる予定で。
赤G1枚なれど、密約×2、没収×2、ギラという手札が捨てがたく、2ドローに期待で始めてみる。判断甘いなぁとか思いつつ。相手2ターン目にアナハイム。順調な様子。こちらも1ドロー目で茶Gと有り難い引き。2ドロー目は道具。次ぎに茶G欲しいなとか贅沢を思っていたら、相手Gセットから
「アナハイム、赤発生します」
と、…えぇ、思わず反応して言ってしまいましたさ
「天和かよ!」
と。ヤ○ザっぷり発揮で。当然の如く、落ち空セット。我が手札の密約×2、没収×2、道具、ギラは消えてしまった…。あぁ、摂政どころじゃないよ。めっそりしつつドロー。茶G。あぁ、後1ターン遅れてくれれば、こっちもブン回った感じだなぁ…。次はノリス。要らない。次は、赤G。Gは良い感じ。次ぎにイーゲル。アレ? 相手はユニット引けずに困っているところ、先にユニット配備。相手も、手札1枚に対して落ち空する気にもなれず、残りのコロニーはそのまま。地球にテキストプレイしてパンチしたところ、月面を黒出されて、掃討作戦。ぐは。しかし、ここで掃討使わせたのは偉いだろう。ギラとか出てからだと終わってた。次のターンにギラ。う〜ん、リカバー良いなぁ。まぁ、元々リセットしてからリカバーするデッキだけに、リカバー運はあるのかもしれず。しかし、巨星で焼かれる。むぅ。ここで捨て山も出来たので、落ち空が来る。特殊G無くて乗らないノリスを捨てつつ、全然困らなかったり。次のドローは道具。そして、ギラ。良く引くなぁ。と、攻めたら巨星で焼かれる。う〜ん。ここでお互いドローモードへ。場にはお互いにユニット何も無し。手札は逆シャア×2、アク使者、捕獲、ノリスと道具のお陰もありかなり充実してくる。ここで相手リボーコロニー。やばい。アク使者で粘ってる暇はないので、逆シャアで落とす。コロニーカウンターする羽目になるとは。ここで捕獲もあるので本国を数えておく、9対15。相手も結構減ってるな。ノリシューが出来れば勝ちだけど、特殊Gが。と、此処で引くのが月面G。偉い。しかし、これが6G目なので、色を出すのにカットインで前夜が怖い。といって、赤緑Gを待ってるわけにもいかない。なので、まずは月面Gをセットして、何も無い状態で
「緑発生します」
と、相手は
「どうぞ」
よしっ!さすがに場に何も無しで、本国15で前夜はあるまい。ここで、イーゲル捕獲。そしてノリスセット。で、
「配備フェイズ終了します」
と聞いたところ、
「ちょっと待ってください」
と、本国を数えはじめる。シュートで終わる数だと確認して、前夜。そして、逆シャア。もう1枚あったら負けだなと思っていたけど、ここで
「投了です」
やった! 天和喰らって勝っちゃったよ。

○4回戦 vsボル単バカンス支援 1-1-1
腹痛で苦しんでるけど、陽気な人。
4回戦で速攻に当たるとは思ってなかったりして、しかもボル単。破滅かと思ったけど、破滅は入ってないそうだ。ボル単はスピードがないので、十分戦えるはず。
トップ卓維持。隣は艦突対青緑メギド落ち空ノリシュー。3回戦の人の友達らしい。
○GAME-1
ジャンケン負ける。ボルは速攻とは言えない速さな上に、ボルエイムズ以外なかなか出てこない。3点ずつ殴られてはいる者の、こちらは理想の、3ターン目ギラ、4ターン目イーゲル。エイムズが倒せないので、ギラは攻撃せず居るだけ。次のターンにエイムズを転向してパンチ。更に次のターンにノリス乗せて破滅してシュート。相手本国5。当然そのまま勝ち。
○GAME-2
破滅、捕獲は止めて、バビロン×3イン。イーゲルを1体ウォドムに。範囲兵器では倒しづらいので、ハゲは入れないでおいた。
手札は赤緑G、茶G、バビロン×2、密約他。微妙だけど、まぁやれるはず。相手はさっきと同じように、ボルにエイムズ。暫くしてボルにローラ。破滅は止めたのでよいけど、ローラのお陰でユニットGがかなりうざい。とか思いきや、それでころではなく、初手の2G以降Gが引けずに黙々と殴られて負け。最後まで2G。あらら〜。
○GAME-3
また2Gで止まって、またかよって気分。が、次のターンにはGが引けたので、何とかギラを展開開始。相手はさっきと同じく、エイムズボルとローラボル。こちらはギラ×2+ノリス。ギラノリスがエイムズと相打ちなので、上手いこと威嚇に。そして5Gで、ウォドム配備。これで、キャラ無しボルは相手じゃなくなる。ここで膠着。他にボル2体とスエサイドも出されたけれど、範囲兵器3とノリスギラが効いていて、未だに膠着。ここでバカンス登場。当然カウンター出来るわけなし。更に次のターンに支援部隊。それはやばいので逆シャア。ギリギリカウンターが引けてた。危ない。その後本国も薄いのでバビロン、暫くしてアク使者と転向が揃った。しかし、ユニットGが…。まぁ、仕方ないので、エイムズを貰って、アク使者でユニット寝かしてパンチ。シュートもあわせると凄いダメージなので、さすがにユニットGでブロック。撤退が怖いからとノリス側に並べるか迷ってたけど、時間も無くなってるので、撤退も効かないと教えて早く進めてみたり。そして2枚目のバビロン。で、道具やらなにやらで、手札にノリスが2枚も。こりゃシュートしてれば勝ちだと、取り敢えずアタックして範囲兵器でブロッカーを除去してシュート。相手のボル隊長機が復活してうざいけど、リロールインじゃないので良しとする。ここで、終了の合図がBで起こる。終わったと思ったら、ギャラリーがBだと教えてくれたので、また急いで再開。ノリスを最後のとどめ用と思っていたイーゲルに乗せてしまう。ぐあ。気にしてられないので、予定通りローラをおびき寄せて相打ち。片方はエイムズが殴って5点。しかし、ここで相手ターンになったときにこちらも終了。あ〜。ローラが居なくなったので、3枚目のノリスで範囲兵器除去からシュートが確定だったのに…。転向も2ターンは維持できたので、ほぼ間違いなく勝てる内容だった。
相手の破滅を警戒していたけど、どうやら入ってないようで。警戒しすぎた。あと、ギャラリーが多くてちょっと焦った。「このデッキ対決がトップかよ」とか思われたろうなぁ。「オーソドックスな赤茶だ」とか聞こえたけど、2、3ゲーム目は別デッキ状態だったからねぇ…。でも、ギラとかイーゲルとかウォドムなのが、オーソドックスってのも微妙な感じだけど。バビロンで粘って、ノリシューなところがオーソドックスって感じたか。オーソドックス?!

○5回戦 vs赤黒混戦武器供与 2-1
レシピがオフィシャルに載せたくて仕方ない、中学か高校生くらいの人。
全勝5人の1人と当たることになったので、勝てば3位の可能性がある。勝てる試合を引き分けて凹んだものの、可能性があるなら頑張らねば。相手は勝てば3位は確定で、レシピ載せるように頑張るぞと意気込んでいた。
混戦自体はメタ内。武器供与系のパーツで、カウンターが減っているのは間違いないだろう。戦いやすい相手ではある。
○GAME-1
開始前に「赤茶ですよね〜」とさっきの戦いを見られていたり。「奥の手があるんですよ」と言っておく。1ゲーム目は見ていないだろうからね。
ジャンケン負ける。手札は順調で、回りも悪くない。3ターン目ギラは出来ないけど、次のターンにはイーゲルが置ける。と、4ターン目に赤キュベ。げ、サイコミュはやばいと思ったら、キャラは無し。こちらはイーゲルを置いて、2点喰らう。次はギラ。ノリス乗せて殴ろうと思ったらアク使者。次のターンに、出撃して破滅。相手ギョッとする。
「え〜と、ターン終了時でしたっけ」
「そうです」
と。カウンターはなかったようで、そのまま19点直撃。残り13くらいで再スタート。
仕切り直しに完璧に成功。内調もあって、ギラ、イーゲルと場に出て、更にノリスを乗せたところで投了。相手は2Gしか出なかった。
○GAME-2
G5枚スタート。う〜ん。悩みながらもスタート。しかし、引くのもGばかり。あまりに駄目なので、相手がキュベレイ出したところで、どうしようもなく破滅。Gを引きすぎたので、リカバーはやばいのだけど、このままでは何も出来ないという判断。通って仕切りなおし。
しかし、相手のリカバーがメチャ良い。戦線の拡大を貼られてみたり。ぐ、混戦だったのか。さっきはわからず仕舞いだった。キュベレイまで出されたけど、こちらもイーゲルノリス。キュベレイを転向して、次で勝てると思ったら混戦。ぐは。維持してられないので、キュベレイを返す。ここでアク使者ゲット。キュベレイとGを寝かせて、混戦維持不能に。今度こそリロールして勝ちかと思ったら、ここで武器供与…。ぐあぁ。道具でカウンターを探してはいたのだが、今は持ってない。武器供与5点と2ドローで負け。やられた。まさか武器供与型だとは思わなかった。
○GAME-3
今度は相手の展開が今一。密約をカウンターされたりしたけど、手札オーバーを気にせずに2枚目が撃てて嬉しかったり。ノリスが複数あるので、整備不良を気にせず起こしてシュート。次のノリスはカウンターされたが、ユニット展開は順調で更に両面パンチ。ここでの破滅は逆シャア。ここで混戦。現在戦線の拡大2枚状態。相手の本国がかなり薄いので、破滅を撃てば勝ち。サラサで没収を手に入れて、没収したら密約と破滅。アク使者もあるので、かなり勝ちっぽい。で、配備フェイズ終了しようとしたところで、相手サラサ。カウンターを探すようだ。本国を見たら6枚。サラサで引くので、5枚になるということは、破滅がカウンターされても、ドロー前に密約で勝ちだ。なので、サラサにカットインでアク使者を撃って、混戦の維持は出来ないようにしておく。
攻撃ステップに破滅。看破される。まぁ、良し。で、終了後ドロー前に密約を相手にプレイして、3ドローで勝ち。

<総評>
結果4-0-1(9勝2敗1分)で4位。3位への席をこじ開けることに成功したけど、同じ勝ち点で負けが1つ少ない人にスルーされてしまった。武器供与に泣かされたなぁ。全勝と当たってるだけに、オポーネントでは勝ってるとはず。残念だった。メタ自体は当たって、全体的に上手く立ち回れた。しかし、4戦目はもったいないことをしたとつくづく思う。速攻系といっても、ボル単の速さは驚異じゃない上に、怖いのは破滅だけだから十分勝てた。2ゲーム目のGが引けなかったのが恨めしい。
大会の傾向は、実際は良くわからず。人数が多すぎるので、自分が当たった相手だけで全てを語るのは不可能。それどころか、一部の傾向として言い切ることも不可能。他のブロックの上位には、青白が結構居たらしい。青白はかなり戦いやすいので、当たりたかったなとか思ってみる。実際当たったらわからないけど。カミーユ&オペ割多めはきついかな。

このデッキは、色の指定が低国力で結構きついけど、赤緑Gと茶Gスタートだと、没収が低国力の密約として機能してくれるのが大きい。赤青、青白のハイパードローには敵わないけど、引きすぎたところを、一撃当てて破滅リセットは予想通り効果的で。赤黒では手に負えない、デスヘル(BB)アムロも、破滅1枚で終了。転向する必要があるカミーユの方が厄介だ。
破滅でなくても、一度殴ってから、アク使者パンチシュートでもほぼ勝ち。オーソドックスな勝ちパターンも狙える。赤黒は厄介だけど、没収&道具分ハンドアドバンテージは勝っているので、特別不利というわけでもない。掃討作戦が注意かな。
コンボカードは、ノリス、破滅、特殊G、ユニット。勝負を決めるには、カードとしての数は少ない。手札と相談して、内調やサラサで何を持ってくるかキチンと把握していれば、特に苦もなく回るバランスになっていると思う。
ノリスは、転向や捕獲との相性が良い。使い捨ても出来るし、カウンターを誘うことも出来るので、引きすぎても困らないのが使いやすい。指定が低いのも使いやすさに拍車をかける。指定2にするエラッタ出たら、成立しないデッキなのだ。
看破と逆シャアを最後まで悩んだけど、キャラクターをカウンターする必要性の低さと、相手の妨害を確実にするためのプリベント、ユニットカウンターも出来る便利さを買って逆シャアで。排斥の頃は、デッキ的に逆シャアで確定だったけど、今回はちょっと悩んだりもした。破滅を守るという意味もあるため、そう言うときはプリベントが活きないからだ。特に相手ターンに赤2が大変なので、ユニットカウンターの期待も薄いとか思って、看破で試したときも。しかし、アク使者を使うことも考えると、意識的に5ターン目には赤2を狙うと言うことで割り切った。いつ、どのタイミングで、どっちの色が必要かを常に意識して回せば、結構回ると思う。
速攻全盛では間違いなく使えないデッキだっただけに、今後どうなるかは謎な感じ。8弾でどんな環境になるか。それしだいだろうか。


○赤茶破滅ノリシュー
<ユニット×6>
ギラ・ドーガ×3
突撃イーゲル×3

<キャラクター×3>
ノリス・パッカード×3

<コマンド×17>
密約×3
サラサ再臨×3
逆襲のシャア×3
アクシズからの使者×2
捕獲兵器
宝物没収×3
破滅の終幕×2

<オペレーション×6>
内部調査×3
転向
発掘道具×2

<G×18>
赤G×6
茶G×8
赤緑G×3
月面G×1

<サイドボード>
ポゥ・ウォドム×3
アリアス・モマ
コスモ・バビロン×3
転向
摂政の演説
捕獲兵器