【平柳マナソース 2003/8/10】

青単速攻に勝てないので中速へシフトした黒単。
しかしながら、テストで試しても今一青単速攻には勝てなかったり。
まぁ、取り敢えず色々と試すと言うことで、
大会に参加して様子見。
デッキの調子を見るのがメイン。
参加デッキ:黒単中速

○1回戦 vs赤黒サザビー 2-0
大会に慣れはじめた?くらいの少年
○GAME-1
ジャンケン負ける。
手札は順調な上に、相手赤だったのでユニットはアビゴルだけながら、報道3を取り敢えず通しておく。
次のターンにヘイズル。
ロールインだけに核を考えると今置きたくはなかったが、まぁ、1回でも殴ってくれと。
中立Gもあるので、核の後はそれで。
ハンデスは決まったものの、5ターン目にキッチリ核を撃たれる。
やるなぁ。
しかし、流石にそれが精一杯で、ユニットやバビロンまではいかない。
こちらは、再展開で押し込んで、回復に持ち込まれず勝ち。
○GAME-2
カウンターは見なかったが、無いと言うこともないだろうとジャミトフイン。
後攻だけど、野心から3ターン目に報道3。
報道の引きがなかなか良い。
アビゴルと中立Gで殴りつつも、またもや5ターン目に核。
相手もなかなか。
今度はその2ターン後にサザビーも出されたが、キャラセットはなし。
こちらはティタガン×2と野心。
殴られても、まぁ、問題ないという感じで。
野心ディスカードはティタガンだったが、もう1枚をセットして破壊。
さらに、ガブスレイ配備。
相手は、返しでまたもやサザビーだが、キャラ無し。
バビロンor統制も無し。
攻撃してこないので、こちらは高機動1点のしょぼパンチ。
2ドローがしんどい上に、こちらも統制無し。
しかし、次のターンは両面パンチで、削りきって勝ち。

○2回戦 vs嘘破滅FAZZ 2-0
NG?
あややが使ってる、FAZZ型嘘破滅のカウンター型。
赤的にはノーカウンター型のが嫌だろうけど、黒的にはカウンター型のが嫌。
あややメタでサイドに内部分裂有るので、炸裂させたい。
○GAME-1
ジャンケン勝ち。
マッタリとGを並べつつ、4Gからガブスレイ、アシャーとセットして、出撃前に報道4。
相手は月面で赤無しなので、カウンター怖がる必要ないのは気楽。
まぁ、これもあるので、ノーカウンター型という選択にもなるわけだが。
ジャンクにはFAZZ他が落ちて、相手手札1枚。
捕獲残したと予想しつつ、オレってガブスレイな気分で出撃。
NG?なら、きっと捕獲使うだろ。
予想通り捕獲してきて、こちらは変形して凹み。
後は破滅素撃ちだけが警戒なので、殴り込んでる限り問題無し。
そのまま押し切り。
○GAME-2
内部分裂×3、ジャミトフ×2イン。
通れば勝ちだ。
レラ4で破滅落としておいて、
今回はヘイズルアシャーとガブスレイで殴る。
ガツンガツン押し込み始めで、相手仕方なくFAZZ捕獲で取り敢えず焼きに。
ガブスレイだけ残って、またまた殴る。
ギラ・ドーガ出てきたが、女戦士カットイン報道2で破壊。
パンチが微妙だったので、破滅素撃ちを警戒してさっさと統制。
結局そのまま殴り勝ち。

○3回戦 vs黒三ジオン 2-1
Hさん
黒い三連星でドーン。
○GAME-1
ジャンケン勝ち。
ジオン単キターとか思っていたら、
3ターン目のレラ4で、ガイア確認。
制圧も嫌だったけど、Gも持ってるので当然ガイア落とし。
次ぎに制圧くらったものの、地道にリカバーしてユニットの大きさで勝ち。
アシャー偉かった。
○GAME-2
掃討×3イン。
手札が黒、中立、掃討他と、十分満足できる状態。
相手は1枚ずつユニット展開、こちらも黒G引いて2G目は黒を置く。
ここで、後攻のつらさを痛感しつつ悩む。
相手はユニット2枚。手札3枚。
Gと三連星の誰からなら次で3枚揃う可能性が高い。
ここで掃討すべきか、後1ターン待つべきか。
そう、こう悩んでいる時点で、ジオン単と黒三速攻を混同してしまっている。
黒中というデッキ選択しておきながら、
相手のデッキの動きを読み切らないでどうするのか。
相手が背水ジオン等ならば、ここで悩む選択肢は有り。
キャラが余ってるのか、ユニットが余ってるのか分からないが、
背水モードにはいるには手札が多すぎる。
また、普通のジオン単だとしても、2Gでキャラ無しならユニット余りかG引きすぎ。
更には制圧が待つという感じだろう。
ここまで考察できるならば、黒三ジオンだった場合も検討しろ、オレ。
相手が黒三ジオンで、ユニット2、手札3、3ターン目ということは、
G、ユニットと1枚ずつ置いても、残りはキャラと何か。
つまりは、今ある2枚を除去してしまえば、直ぐに3人揃うことはない。
乗り切れず手札で余ってたら、ハンデスできるかもしれないだろう。
つまりは、ここで除去が正解。
他に選択肢はない。
しかし、考えた末アビゴル置いて、次のターンに変形して焼けば良いと結論を出す。
そう、馬鹿な選択という奴だ。
そして、相手はキッチリ3ターン目に3人揃って、
こちらは統制引けずリカバーしきれず負け。
全ては2ターン目に決まっていた。
○GAME-3
サイドこのまま。
先攻だし、さっきの2ターン目の選択に1ターン余裕が出来る。
同じ様な展開で、今度は失敗を教訓にさっさと掃討。
これで相手の動きは鈍くなり、こちらはヘイズル×2で殴る。
更に出てきたザクII2枚も、換装ブロックと女戦士で焼く。
もう、相手に出来ることは無し。
圧倒して勝ち。

<総評>
結果は3-0(6-1)で優勝。
3回戦で全勝3人。
全勝の一人が一つ下で負けてしまったため、全勝一人になり終了。
デッキの回転が良くて、構築以前に回った強さが光ってしまう。
デッキバランスが正しかったのかどうかの判別もできず、
回ると黒のパワーコマンドが優位にさせてくれる。
こうなると錯覚モード入ってしまうので、
結局この後も色々デッキを弄ってみるしかないだろう。
3回戦くらいブン回る事は良くあることである。
黒単中速自体の手応えと動きは把握できてきたので、
メタを考えつつデッキ調整していくのが良さそう。

偽りの会談が事故防止と野心での引きすぎを回復に使えるので、
19と20で悩んだGだったが、偽り採用とともに19へ。
デッキタイプに未だに悩んでいるが、
野心速攻みたいな形態もありなのかもしれない。
今後のユニットの性能次第とも言えるが。


○黒単中速
<ユニット×12>
アビゴル×3
ヘイズル×3
ガブスレイ×3
ガンダム(ティターンズ仕様)×2
TR-1最終形態×1

<キャラクター×2>
クロノクル・アシャー×2

<コマンド×14>
偽りの会談×3
報道された戦争×3
シンデレラ・フォウ×3
狂乱の女戦士×2
黒い覇道×3

<オペレーション×3>
御し得ぬ野心

<G×19>
黒G×16
中立G×3

<サイドボード>
ジャミトフ×2
ジオン掃討作戦×3
内部分裂×3

<御守り>
シンボルリリーナ