【Uランド結城店 2001/6/17】

予約者5人という開催を危ぶまれる状況の中、開催されることを信じて出発する。きみどり さん、SIMAZINさんの加入もあり、何とか10人での大会開催となる。最下位でもνガン。公式大会レベルの待遇だ。やはり開催告知とかを会場でやらないと、開催されていること自体を知らない人も多いのでは無かろうか。遊戯王やMTGの大会風景は写真まで貼られていたりするので、それらと比べるとやっぱ寂しい感じがする。デッキは、池袋での手応えを信じて更なる改良を加えてみた。
参加デッキ:ランバ・ラルの実力

○1回戦 vs髭単速攻 2-1
Eさん。大会前から気軽にトーク。公式大会Aに参加らしい。
柔らかいユニットがわらわらと出てきて、キャラクターが乗っていくタイプ。サイドに破滅が入っていたりして焦る。
○GAME-1
赤G1枚スタート。他の手札が良かっただけに、マリガンせずに始めてみる。なんといっても相手のデッキもわからないので、するかしないかは博打だ。しかし相手は速攻風。失敗。わらわらと展開されて、ボコスカ殴られる。なかなかGが引けずに終了。ユニット1枚も置いてないぞ。
○GAME-2
対速攻用に黒三&惰眠イン。手札にサラサ×2、黒三×2。ナイスだ。早速黒三で止まる。サラサで探してラルザク完成。5点パンチ開始。相手も黒三で焼かれてはホワイトドールで戻してと頑張るも、ラルザクを倒せる戦力を構築できず。しかし、こちらも黒三、惰眠と妨害ばかりで、戦力アップできず。そんなうちに、突然破滅の終幕。ぐは。相手は本国7。こっちは沢山。リカバー勝負でも大丈夫だろう。なんておもっていたら、相手Gひかず。こっちはさっくり黒三&サラサと最後の1枚ずつを引いた上に、赤、緑と都合良くGを引く。当然勝ち。
○GAME-3
序盤は同じ展開で、黒三で止める。今回は内調もあったりで、あっさりラルグフ完成。蹂躙開始。虚弱ユニットで抗うすべ無し。黒三全部貼ったりして、既に負けようがない。そのまま勝ち。

○2回戦 vs赤黒バビジオ 1-1-1
Oさん。寡黙なようで、結構話しやすい人。
当たってしまいました赤黒。核は事情聴取で何とかするとしても、整備不良、ジオン掃討作戦はとっても苦手。転向も苦手。イヤーンな感じだ。
○GAME-1
またもやGが引けない。相手は赤G内調スタート。こちらも数ターン後に内調が置けるも、この差は大きく、サラサを看破されたりして全然回らない。ダギは巨星で落としたものの、全く追いつけず。負け。
○GAME-2
巨星を×3にして、鉄仮面を追加。3ターン目からグフは出たのだが、早速整備不良。少し有り難かったり。乗せてから貼られるとめっそりだ。その後別にラルグフ完成。殴り出す。順調に殴るもバビロン。その後ジ・オが出てくる。しかし、地上から攻撃をしてきたので、整備不良のグフに転属命令でリロールブロック。ジ・オ破壊。もう一度乗り直して、またもや殴り出す。パンチはあるので直ぐ追い込むが、またバビロン。看破は看破される。3週目突入。内調で探すもジャブローに散るが来ない来ない。しかし、最後には何とか殴りきる。勝ったけど時間かかったな。
○GAME-3
回りがよい。しかし直ぐにグフ、ザクと並んで攻めたところ、ジオン掃討作戦。看破。ジオン掃討作戦。看破。ふ〜。何とか4点。次のターン。ジオン掃討作戦。うがぁ。壊滅。3枚目ですか。ラルが乗らないと弱いなぁ。相手のダギは巨星で落とす。その後グフが出るも整備不良。ザクが出て1点パンチモード。相手は引きが悪いらしく行動は起こさない。黙々と1点パンチ。ラルが2枚あるので、乗せるのに挑戦。看破、女帝。うはぁ。こっちのカウンターは殆ど消費してしまってる。仕方ないので既に引いているジャブローに散るにかけることにする。だがしかし。ザクの1点パンチじゃ、いつになったらバビロン貼ってくれるかわからない。と、そこで時間切れ。む〜。

○3回戦 vs赤単家名 1-2
Nさん。三和の常連らしい。対戦するのははじめて。
バウやドレル機に家名を乗せてゴーゴーなタイプ。下手に妨害増やすより、強力なユニットをガツガツ展開する方が強いような気もする。
○GAME-1
赤G1枚。しかし手札はよい。でも、どうなるか。またもや同じ展開か。しかし勝負をかけてみる。…失敗。ディスカード6回で投了。何も出来なかった。
○GAME-2
今回は手札がよい。赤、緑と両方のGがある。順調に展開して、カウンター合戦からラルザク完成で殴り出す。その後グフを引いて、宇宙地球ならラルが弱くなっても1点増えるため置く。今度は撤退命令されたいくらいなので、事情聴取は使わない。そしたら、グフに撤退。そうだよな。だが序盤から展開できたので、相手を追い込んでいる。そこでバビロン。これは看破。そのまま看破が通る。勝ちかと思ったら、もう一度バビロン。もうこっちには無いです。仕方ないので、ジャブローに散るを探す旅に出る。内調×2だったので3枚ほど流れた捨て山に入ってなければ出るはず。3ターンほどしたら密約発見。その密約でジャブローに散るゲット。事情聴取で帰還ステップを指定しつつ、バビロンをジャブローに散らせる。
○GAME-3
やってしまいました。引き直ししても、赤G1枚。嫌な予感がする。そして予感的中。赤、緑とは並んだ物の、サラサも内調も来ないで、ザク、ラル、密約とかがある。そしてやっと引いた3枚目は赤。やっと使えた密約は当然看破。それ以前に、相手が良く回っているので、良く回り対G引けずは勝てるわけがない。終了。

○4回戦 vs赤単家名 2-0
一見暗そうで、結構話せる人
まただ。連ちゃんで赤単。人数少ないのに、赤単に連続で当たるとは。もう入賞はないと思っていたので、気軽に戦ってみたりする。
○GAME-1
3ターン目にラルザクと調子良かった物の、そのうち相手もバウ&ザビーネを出してくる。しかも貴族主義が出てるので。大気圏突入のないバイオZになりやがった。しかも、ラルザク転向。それはやばいので、カットイン転属命令で別のザクに逃げる。専用機の実力×2だったのが幸いして、対ユニットでは負けない。しかし、バイオZ擬き。仕方ないので、1づつ払わせる。その後、デナンゲー&ベラ・ロナというなんかもったいない組み合わせが完成して、それに殴られ続ける。3点なのが救いだ。と思ったら、ベルガ・ダラス&キャラ・スーン。やばい。何でこっちはザクだけなんだ。追い込まれていた物の、相手も本国が少ないためキャラ・スーンだけ残して殴るという3点パターンのまま。もう負けを覚悟していたところで、キャラ・スーンの射撃を活かしてラルザクが倒せるように、バウと一緒に出てきた。チャンス。通常通りブロックして、相手に1払わせた後、なけなしの巨星をベルガ・ダラスに5点。相手は看破しようとしたけど、毎ターン事情聴取をダメ判としていたのはこのためなのだ。キャラ・スーン撃墜で全軍ロール。殴って勝ち。ただのラッキーだな。
○GAME-2
3ターン目に赤、緑、紫からサラサ×3と密約を使って、ラル、グフ、専用機の実力を揃える。そして蹂躙開始。あぁ、インチキ臭い。しかも相手は2Gで止まってしまった。やっと引いたサラサは看破。そのまま豪殺。

<総評>
結果2-1-1(6勝4敗1分)で3位。気がついたら入賞していた。全勝が1人、勝ち点9が1人だったため、引き分けのお陰で3位。

思ったより頑張れた。意外にランバ・ラルの実力も頑張れるのか。ラルが乗らないと話にならいから、カウンターには弱いのはわかっていたものの、赤黒戦でのラルの乗れなさ加減には参った。多分赤単も駄目なはずなのだが、それ以前の問題で負けたり勝ったりしたため、今一掴めなかった。Gのバランスを変える。後は…。なにかあるかな。

対速攻戦は悪くはないものの、惰眠と黒三に頼るため、黒単がきついと思われる。黒三は効くけど、惰眠がなぁ。といって、巨星を3発撃てるほどジャンクは溜まらない。微妙だ。サラサ、密約、カウンター、使った黒三、重税が基本的な巨星の餌だけに、撃てて2回だ。でも、ラルデッキから巨星は外せないでしょ。後はゲリラ屋と戦士の運命が入れたいのだけど…。まぁ、無理かな。スロット無いよ。