【Uランド 結城店 2003/10/25】

黒単速攻が環境的にあまりに厳しくなってるので、
中速へシフトしつつ色々と使えそうなカードを試してみる。
今回は前回の平柳マナソース仕様より重量級へ軽くシフトしつつ、
11弾で偉いヤザンブラビとヤザン先生を試す。
メタは、あややメタだ。
参加人数は29だか31人。思ったより多いな。
参加デッキ:黒単中速

○1回戦 vsFAZZ式嘘破滅 2-0
あやや
メタ的中!!!
恐るべし只の冗談メタ。
○GAME-1
ジャンケン負ける。
お互い順調に動きつつ、レラ4で手札確認。
破滅と捕獲とドロー&サーチだったので捕獲を落とす。
特殊Gを覇道で割ったりもして、
コンボ発動の気配もなく押し込み。
○GAME-2
内部分裂、ウーイッグ爆撃イン。
2Gで止まったのだが、あややも茶2で止まる。
先にGを引けたのはこちらで野心セットしてレラ4したところ、
ドロー&サーチとギラ・ドーガ。
殴ってサーチされるのが嫌なので月マウを落とす。
その後も茶×3、緑1とGの流れが悪い様子。
野心のお陰もあり2枚目のレラ4で生ものなギラ・ドーガ落とす。
次で赤G引かれただけに、ナイスタイミング。
覇道で即割りつつ、場も構築して負ける要素も無くなる。
シャクティは手にあったので、破滅もいつでもどうぞだ。
追い打ちで内部分裂使って、当然そのまま勝ち。

○2回戦 vs茶単バースト 2-1
Thiefさん
SCSでは久々の対戦。
そもそも、SCSが久々なので当然なのだが。
デフォルトでもそこそこバルチャーには対処できるだけに、
破滅後のリカバー又は、破滅を撃たせないのが鍵。
○GAME-1
ジャンケン負け。
ティタガン、覇道、女戦士を駆使してウァッドのみにしたところで、
気分的にほぼ勝ったと気が抜いてプレイミス。
出撃規制の為に攻撃ステップ中に後ろのアビゴルを変形させてしまい、
中盤まで警戒しまくってた排斥を忘れる。
ハンブラビが消えてここで打点が延びなかったのが相手のリカバーを生み、
手札0から没収>没収でエアマスター>バーストを完成させる鬼引きされる。
攻めづらくなりかなり危険な状態になったのだが、
色々と計算したところ、本国1枚の差でギリギリ勝てた。
勝った気になる事ほど危険なことはないな。
○GAME-2
掃討とどっちか激しく悩みながらもウーイッグ爆撃イン。
これが後ろ向きすぎた。
相手は3ターン目コルレルでガツガツ殴ってきて、
こちらが場を構築する間を与えない。
最終形態+ヤザンでコルレルは止まったものの、
こちらが展開する頃には本国じり貧で時既に遅し。
負け。
○GAME-3
掃討×3に入替。
相手の場にはウァッド、エアマスター+ロアビィ。
手札は覇道、掃討、ティタガン。
エアマスターは攻めてこなかったので、換装も有ると読む。
帰還に覇道+掃討したくなったが、そもそもリロール状態じゃ駄目だ。
焦らず覇道>ティタガンで除去し、
次のコルレルは掃討で纏めて落とす。
黒の理想通り過ぎる展開で負ける要素もなくなった。

○3回戦 vs青単中速 2-0
ろっく さん
うちを知っているという人。
相性的にはこちらが不利なので、そこをカバーできるかどうか。
○GAME-1
ジャンケン負け。
序盤はGばかりで仕方なく中立ユニット殴り。
レラ4はあったのでロンゼを落としつつチマチマ殴る。
暫く後ロンゼカミーユ降臨で本国差をモノともせぬ場の状態に。
レラ4でカミーユは見なかったのだが、その後に引かれていたようだ。
ハンブラビがGが来ないで遅れたのが効いた。
それでも最後の手札はV2と分かっているので、
ハンブラビプレイで落としておく。
ロンゼカミーユ、中立Gが相手のユニット。
こちらはハンブラビとアビゴル+ファラと中立ユニット×2。
急ごしらえからフルバを出され、取り敢えず4点。
こちらの出撃前にレラ4使ってみたところ、カットインコアファイター。
ブロッカーが増えてしまう。
それでも殴らないと勝てないので、アビゴル+ファラで削る。
本国差は圧倒的だが、次ぎにフルバを通すと高機動ロンゼで死ぬ。
取り敢えず相手はフルバのみパンチ。
ハンブラビでブロックするかどうか激しく悩むが、
相手は手札0でこちらはシャクティだけなので場だけでの勝負。
ここでハンブラビが落ちるとどうやっても本国削り切れないので、
強襲を活かすためにフルバを通し、ドローに全てをかけてみる。
宇宙も地球も強襲になるので、まだ引いてないユニット破壊×6の、
どれか一つ引ければ良い。
そして、ドローがティタガン!!!
神ドロー。
起きてるコアファイターを破壊して詰み。
○GAME-2
同じスピードのデッキでは、回復が鍵を握りやすい。
シャクティを抜いて統制×2を入れる。
2ターン目にGが来ないのでさっさと偽り。
これで良いカードが送られたらしい。
それでも今度はお互い順調で、
相手はキャラクターが引けない模様。
フルバ×2、ハンマーガンダム。
こちらはガブスレイ+ヤザンとアビゴル×2。
ヤザン先生が偉い。
フルバの削られ分を統制でさっさと回復し、
相手がガブスレイをハンマーロールブロックしにきた序でにさっさと除去。
野心も置けているので、ゴリゴリ押していけた。
そのまま勝ち。

○4回戦 vs赤タッチ緑アフリカスライ 2-0
Nさん
ちょくちょく対戦するおじさん。
指定は結構きついので、アフリカはしんどいところだし、
相手が何もしてないのに紫を出してしまうため相性が悪い。
○GAME-1
ジャンケン負け。
相手はどうやら微妙な手札の模様。
こちらは黒1なので即引き直し。
1ターン目に幻のコロニーされるものの、
Gは有るので取り敢えず順調。
しかし、ユニットがティタガンなうえに、
黒、黒(コロニー)、中立ときてかなり息苦しい。
デザートザク+エロに黙々と殴られる。
しかし、相手も後が続かずGが揃ったこちらが動き出したら、
なんとか挽回できた。
ギリギリ勝ち。
○GAME-2
相手は今度はGが続かない模様。
2Gで止まってまたデザートザクパンチ。
こちらも黒、中立、中立と嫌な引きだが、
野心を勝負で貼って、今引きにかけることに。
中立ユニットでブロックしたりして色を確保しつつやっと4G目。
中立Gをプレイしたらセシリアされたので黒Gセットでティタガン。
アビゴルも登場で一気に挽回へ。
お互いに本国減っていたところで、
相手は4Gとバビロンと宇宙統べを持っていたらしい。
こちらはレラ4。
出撃前にレラ4で相手ガックリ。
バビロン落として勝負有り。

○5回戦 vs赤単サイコミュ 1-2
頑張ってる感じの青年
あややメタでサイドから処刑を抜いてしまっているため、
かなり苦手なデッキになってしまっている。
○GAME-1
ジャンケン勝ち。
不吉だ。今日はジャンケン負ける方が良さそうな感じだったのだが。
予想通り引き直し。
着々と初手も引きも悪くなっているのを感じてみる。
今日の分は枯渇したか、人間力。
ユニットが全然引けずというか、
Gを総数10枚近く引いてしまっているため、
殆どまともに戦えず終了。
○GAME-2
またG1枚引き直し。
不吉ながらも先攻だとやはり気楽。
相手も2Gで1ターン止まったりしたため、
展開としてはこちらのが大分有利。
パージオイリアとか完成するにはしたが、
国力が伸びずサイコミュは飛ばない。
辛いシーンもなく勝ち。
○GAME-3
お互いに五分な展開で、
相手のパージオはティタガンで割り、
最終形態とティタガンにヤザン先生。
どちらもサイコミュ(3)をカバーできる。
キャラセットと無しだったので、
フルパンチで女帝を使わせる。
相手はロールインになるティタガン+ヤザン先生を選択。
返しで戦士再びからキュベ+プルツー。
ここでティタガンの破壊を活かしたくなってしまい、
覇道を待ってしまう。
先生を最終形態にセットしてパンチ。
手札からのチプルで焼かれる…。
やってしまった。
完璧に無警戒で、経験不足からのプレイングミスと言える。
ティタガンを大事にせずに、
最初と同じくサイコミュ(3)を抜けるユニット2体を作るべきだった。
処刑もないんだしな。
これで形勢逆転され、ドローは3連続Gで残念賞。
逆転の一撃は手にすることなく終了。
ティタガン+ヤザン先生をさっさと出せばまた違う展開だっただけに、
最後の引きの弱さ以上に、勝ちを呼び込むプレイングが出来なかったのが残念。
今まで必ず野心かレラ4を1回はプレイしていたのだが、
5回戦だけは3ゲーム中に一度も手に来なかったのが印象に残った。

<総評>
結果は4-1(9-3)で3位。
久々のSCSだけにかなり真面目に一生懸命プレイしたのだが、
リハビリとしては申し分ない成績で、
対戦自体も熱く面白いモノが多かったという印象。
負けた試合も学ぶことは多かったし、
場の状況だけでなく、相手の手札の枚数及び状態の予想が必要なだけに、
色んなタイプのデッキと戦えたのはかなり良い感じ。
今までに何度も戦っているサイコミュ戦で、
手札予想を忘れている(というかマルチプル忘れてる)のが、
何とも間抜けなところではあった。
こうやって書いているだけでも忘れなくなるわけで、
間違いなく耐性は上がったと思っておきたいところ。

デッキの方は事故率は特別目に付かない。
デッキ的に5ターン目に5Gが必ず必要なタイプではなく、
4ターン目4Gが確実に必要なタイプ。
5Gはハンブラビ(ヤザン機)が手札にあるとき即欲しいだけで、
キャラクターだった場合は、特別焦る必要はない。
Gバランス的には満足しているところ。
中立地獄は負けに繋がるので、5枚以上入れる気にはなれないな。

野心を選択している時点で、偽りの会談は抜ききれず。
事故防止と手札一新は非常に有り難く、
上からしか引けない黒の弱点をカバーしてくれる。
ラスト数枚の勝負で、回復にして切り返せるときすら有る。
まぁ、G3枚入れ替えたらG3枚で凹んだりするときもあるが、
そういうときもあると割り切れない奴は、
TCGやっても仕方ないだろう。
事故防止だけでなく、相手の5G目でのカットイン入替等、
対戦の醍醐味も味わえたりもする。
入れ替えたって良いカード引かれたりする場合も当然あるのだが、
レラ4で確認済みの場合は、取り敢えずの緊急避難になるのが面白いところ。
手札が減ることしか目に行かないと、
カード自体の効果がどれだけ汎用性が高いかが見えていないということでもある。
手札が減るのは間違いなく欠点だが、
要はそれを越える利点が有れば良いだけなわけで。

キャラクターは単純に便利なキャラクターと、
ユニットの小ささのカバー。
今回は報道を抜いてティタガンを増やして、
手札より場のコントロールを重視してみた。
そうなると出たらしょぼ過ぎるティタガンを、
フォローするためのキャラクターとなる。
シロッコは当然ながらゴトラタンメタの一角だ。
相手を困らせるキャラクターのみ選択したので、
かなり役に立つ局面が多かった。
また、ヤザン先生は超苦手な青単速攻に対する回答で、
ガブスレイ+ヤザン先生で相手はほぼ止まる。
対コルレル(速攻)にもなったりするのが偉い。
カードは統制なり(サイドインだが)無駄Gなり野心なり割れば済むので、
決まれば強いなと。
欠点は出撃して行ってしまうところなので、
高機動は無いが最終形態は残しておいた。
なにげに強襲率が上がっているので、
最後の押し込みも困らない。

後ろ向きにならざるを得ない対速攻戦は、
命令の錯綜でガブスレイを止めることも兼ねることが出来たんだな。
対バルチャー(&コルレル)の意識が高くて掃討を選んでいたが、
サイドに統制も採用しただけに、
サイドチェンジで錯綜と統制で頑張ってみるのも悪くないか。
ヤザン先生や強襲も更に生きてくるわけだしな。
マリア主義を選択しないのは、
水、コルレル、Ez-8、中立コインと枠外が多くなり、
止められないユニット+コストで意味無し状態になりやすいのと、
チビゴルを選択している時点で却下だ。
更にリセットのあるタイプでないと、
維持終了後もどうにもならないしな。
デッキタイプに合わない。

女戦士1枚追加は、
報道は無くなってもハンブラビ(ヤザン機)の追加でフォローでき、
現在のメタの一角で危険なユニットに対処し易いところ。
ゴトラタン、バースト、デストロイ、シャアズゴ、ハンブラビと、
放置するわけにはいかないユニットは指定3だらけ。
三馬鹿以外の白も同様に除去しやすい。
これら相手に2枚引いているときの効果は計りしれず、
1枚目で相手の手札を落として、2枚目で破壊とかかなりえぐい。
水や黒重だとそもそも3枚無い場合のが多い。
厄介者のコルレルも指定2なのでチャンスはある。
なによりエリアを問わないため、
対バルチャーの強化になるのが使いやすいところ。
また、指定の低いデッキ相手には気軽に抜けるので、
サイドチェンジし易さもまた悪くない。

シャクティの祈りは、便利さと汎用性。
1枚で相手のカードのみ複数破壊可能な時点で偉い。
対破滅、ハンブラビ(ヤザン機)としても優秀だし、
相手がレラ4で落とすかどうか激しく悩ませるのもまた。
使いやすいカードって感じだな。
自分の野心で落ちたとしても、
相手が選んだだけで自軍効果には変わらないので、
テキストが起動できないところは注意だ。

デッキバランス自体は大きく大凡固まったので、
これ以上大きく弄ることはまず無いだろうが、
ちまちまとカードを入れ替えたり、
苦手なデッキに対する回答を見つけてみたいところ。


○黒単中速
<ユニット×11>
アビゴル×3
ガブスレイ×2
ガンダム(ティターンズ仕様)×3
TR-1最終形態×1
ハンブラビ(ヤザン機)×2

<キャラクター×3>
ファラ・グリフォン(8弾)
パプティマス・シロッコ(BB)
ヤザン先生(11弾)

<コマンド×13>
偽りの会談×2
シャクティの祈り×2
シンデレラ・フォウ×3
狂乱の女戦士×3
黒い覇道×3

<オペレーション×3>
御し得ぬ野心×3

<G×20>
黒G×16
中立G×4

<サイドボード>
武力による統制×3
ジオン掃討作戦×3
内部分裂×2
ウーイッグ爆撃×2

<御守り>
持っていくの忘れた