【アンタップみずほ台ショップチャンピオンシップ 2003/7/13】

リハビリを続けてみる。
公式抽選に当たったかどうかも不明ながら、折角ヴァナの呪縛が弱まっているので、リハビリモードでショップチャンピオンシップへ。
今回から勲章Gが新しくなるそうで、参加者も多めの36人。本気デッキも多いようだ。
メタはサイコミュ及び中速以降。結局ロンゼ対策カードは見つからなかったが、サイコミュ系と同様に、ルペ・シノに期待ということになるのだろう。
参加デッキ:萌え単ハンデス

○1回戦 vs赤単サイコミュ 2-0
強そうな人
スキンヘッドでプレッシャーを与えつつも、丁寧なプレイングで強さを感じさせる人。
定番パーツ以外ではカウンターにセシリアを採用しているのが特徴。
○GAME-1
先攻3ターン目に報道3が決まる良いスタートだったが、相手のゴッドドローでギリギリバビロン>戦士再びと切り替えされる。
こちらはユニットが増えていたので、その後も殴って勝負。一度相手がロザミアガルグイユにサイコミュを撃つというプレイングミスがあったため、1回分サイコミュを得したのは大きかった。
2体目のサイコミュセット完成でじり貧だったが、相手も2枚目のバビロンは無いらしく片方は迎撃として立っていないといけない。じわじわ削られつつも相手本国3、こちら13となる。
ここでドローがエマさん。エマドローでルペ・シノゲット。場にはバイクエマ、ハイザックのみで中立Gはある。中立込みで3Gのため、ここで中立Gを使うことになるわけには行かない。打つ手無しのふりで攻めずに終了。
相手はフルパンチで9点。片側はブロックできる上に、9点でも終わらないため5点のみでくる。取り敢えず作戦成功。
こちらドローで残り5。ドローがバイクだったので、バイクセットで4。中立Gプレイで3。と、ここで中立Gプレイは無駄過ぎるので、相手の了承を得てやはりやめる。カットインルペ・シノでも良かったのだが、普通にルペ・シノ。これが通るかどうか確認してから中立Gはプレイすべき。
相手の手札は2枚だったが、カウンターでは無かったようだ。ルペ・シノが通った時点で勝ちは決まり。ルペ・シノハイザックを落とすとバビロンが散り、落とさなければ本国が無くなる。勝ち。
○GAME-2
メタ通りなのでチェンジ無し。
後攻なれどスーパーブン回り。3ターン目には場で7点ありつつ手札にレラ4と報道。レラ4をまずプレイ。カウンターされる。報道3はどうか。通った。この場の状況と手札の状況でほぼ勝ちは決まり。そのまま毎ターン押し込んで、相手は5Gにすら届かず勝ち。

○2回戦 vs赤単サイコミュ 2-1
前回の如何様師
デッキはどれくらい変わったのか分からないが、プレイの方を良くチェック。
○GAME-1
ジャンケン負け。手札は腐ってたが偽りがあったのでお気楽スタート。
2G目にさっくり偽りで処刑枚が手札にくる。パンチ力はあまりなかったけど、地道に殴って押し込み。相手はパージオプレイ後、5Gでハマーンが乗ってくる。サクッと処刑して決戦パンチ。ここで激しく計算ミス。
相手のパージオがパンチ力アップしたらドロー負けになるまで資源を使ってしまう。要はコスト払いすぎ。ミスったと思いながらも相手がGか密約引かないのを祈ったが、見事にG引かれて負け。ハマーンで手札0になってただけに、無駄なミスをしてしまった。
つーか、中立ユニット1体残しておけって。;y=ー( ゜д゜)・∵. ターン
○GAME-2
先攻で引きも最高、3ターン目で勝負が決まるくらいの勢いだったのだが、相手が2ターン目にハンデスの天敵木星圏セット。ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
めっそりしながらガリクソンやらセットしつつ、相手ターンで木星切れたところで報道3。木星圏中の引きが今一だったらしく、サクッと決まってそのまま押し込み。
3ターン目にハンデス4と場に9点出来る予定だっただけにちょっとやってみたかったが、結局勝ったので良し。翻意だと気楽なんだけどなぁ。
○GAME-3
相手が初手事故。4枚まで引き直し。いきなりハンデス2入ってるのはメチャ楽。
しかしこちらも微妙な展開。ユニットはバイク&エマだけで、手札は偽り2、レラ4、報道2、決戦とわけわからん状態。相手の手札は3枚なので勝負に出る。中立Gで2G目セットで報道2と報道1、決戦残して中立ユニット化して4点パンチで勝負。
地道に殴るが手札にレラ4、決戦、処刑とプレイできないカードがドンドン貯まる。相手もGが増えずに上手くいかない。
やっとこ2G目とガリクソン等でパンチが上がってくるが、相手もパージオセット。3G目ゲットでレラ4×2と報道とかいくが、全部カウンターされる。次のターンにはプル&キュベレイまで完成。しかし残り本国は大分薄い。
バイクドローでルペゲットしているので、取り敢えず怖くはない。乗せるユニット無いので、ガリクソンにルペセットして、ルペ処刑してキュベレイを落とす。このフルパンチ後お互いにお見合い。
相手は5枚程度。こちらも薄いので、女帝退場受けたときかなりきつい。じりじりと待ったところで中立Gから両面パンチで終了。終わってから見たら相手は女帝持ってなかった。思い切りも必要だなと考えてみる。

○3回戦 vs赤青ロンゼ 2-0
カルマさん。
こっちはデッキばれてるのに、今日のカルマさんのデッキは知らない。ちょっと損した気分。
根本的な対策はないので、ハンデスとルペ処刑で勝負。
○GAME-1
ジャンケン負け。相変わらず弱い。
手札は微妙だが、偽りあったのでそれでいいやとかなり適当。
2ターン目に偽りで無駄ドロー無しで行けたのが良い感じ。ハンデスも決まりつつ、打点11は大きい。
換装スナイパーで意表をついた13点にしてみたのだが、1点届かず結局前夜。しかし、偽りで送った欲しかったのは飛び越えたので、これはこれで良しとする。
前夜後に13点出来てるのはこちらとしては超楽。ハンデスしたのと同等だ。しかし、次のドローがロンゼ。この男侮れず。さすが若さの引きを見せてくれて、いきなり場で同等になる。
気にしてられないのでガンガン押すが、フルバも出てきて結構しんどくなる。相手もロンゼをブロッカー的に立たせて、相打ちも狙って的な展開。しかし、ここでゴッドルペ・シノゲット。
相手本国は5。ルペパンチ防御しないと負け。ハイザックに乗せて宇宙へ。フルバでもロンゼでも相打ちなら両方壊せる。変形パンプでも結局ロンゼは死ぬ。選択肢無しと思ったら、変形して倒さないときた。その選択に気づいていなかったので驚きつつも、流石に都合良くロンゼは引けず勝ち。
ロンゼ引いてアムロリロールで一撃勝負だったようだ。
○GAME-2
序盤の展開を今一覚えてない。
そこそこ展開して、一度女帝受けつつ相手はフルバ出してという感じ。追い込みは出来ていたのでフルバはブロッカーで消えて、サラサカットイン前夜。見事にロンゼを引っ張り出して、回復してロンゼを残した。
こちらは手札にルペと処刑があったので、それでも気楽モード。ルペセットして殴った後、処刑してロンゼ破壊。
流石にそのまま押し込んで勝ち。

○4回戦 vs赤黒サザビー? 2-0
楽しくプレイする感じ良い人。
定番の形なら特別大きな問題はないはず。
○GAME-1
ジャンケン負け。またか。
手札に報道ありつつも、後攻なので仕方なく2Gでうつ。Gもあったのだが、カウンターされて1−1交換になるくらいだったら、確定2−1交換と判断。
ユニットは5点。引きが妙で決戦×2。核までに減らそうと、3、4ターンに決戦連続プレイ。赤黒なら女帝はメインには無いだろうと読んだ。
しかし、4ターン目の決戦後に女帝。外れた。キャラ無しはバイクとメガネなので、バイクドローと次のターンからの再展開。
核もくらったりしたが、相手は結局バビロンが引けずそのまま押し勝ち。
○GAME-2
掃討が入るので、展開に気を付けつつ。
黒G1の中立2でレラ4×2、決戦、ガリクソン、偽りと渋い手札。ここで相手が黒Gに覇道。ぐは。
焦りつつカットイン偽り。無事通ったのに驚きながら(掃討追加で重いカウンター減っていたかも)ジムに期待。残念ながらジムは無かったが、バイクとユニット×3と、とても有り難い入替。G廃棄にカットインでバイク。バイクドローではGなし。
相手は翻意セットで粘り。こちらはG探し。次のターンにGセットできたが、流石にユニットは貯め込み。
ここで相手が帰還に何となく内調。悩む。「面白いからやってみよう」と翻意廃棄でドロー。Gに覇道…。ぐはぁ。
はまってるのだが、相手も引きが悪いのか。また2ターン後にG補完。掃討×2、核×1とくらいながら、地道に再展開して結局勝ち。またもやバビロン引けなかったようだ。

○5回戦 vs黒三速攻 0-2
若い元気な人
シーフさんと隣で勝負して、僅差ながらも勝ち抜いてきた黒三速攻。
この時はまだ対速攻の対策が甘かった。
○GAME-1
ジャンケン負け。もう、定番。
G×3、ハイザック、ルペ、報道。遅いの相手なら神の手札。しかし、速攻と分かってると出来ない手札。
引き直すがG無し。4枚まで引き直してスタート。
そんな時は相手がブン回るのはお約束で、3ターン目に三連星。秒殺。
○GAME-2
マトッシュ他対速攻フル投入。
展開力は良くなかったのだが、微妙ながらもパンチと、神カードマトッシュのお陰で、相手のオルテガザクをロックしつつ殴り合い。オルテガが減ってからのプレイだったので、ガイアが流れていて無かったという運もあった。
ユニットは2体だけで何故か7体のユニットと渡り合ったりして熱かったのだが、結局その後の引きが期待できず負け。資源1を考える熱い戦いだった。

<総評>
結果は4-1(8-3)で2位。
サイコミュメタとしては十分機能しているようだ。バビロンがキュベレイとコストの合計値が同じなので、ルペで割りやすいのが戦いやすい一つでもある。サザビーが入ってるタイプが怖いのだが、そこまで行く前に終わらせるのが理想。
現環境として非常に使いやすいのが、ジム改高機動型とスナイパーIIIの換装コンビと、中立G。ジムコンビは換装元がクイックというのが脅威の展開力を生み出してくれる。また、女帝後のリカバーとしても申し分ないため、赤相手にはキャラクターの乗せ方を意識するだけで、再展開が容易になる。バイクとガブスレイしかなかったクイックだけに、クイックユニットは非常に有り難い。元がクイックだけに、プレイを相手の攻撃ステップまで遅らせて、相手の動き次第で変化できるところがまた良い。
スナイパーIIIの焼き自体はおまけくらいに考えて良いのだが、対速攻だと強力な焼きになり、相手の出撃後の換装で上手くすれば先頭を焼いて後ろを倒すなんてのも可能。パージオと相打ち取れたりもする。
また、防御1ユニットかガルグイユに乗せたルペ・シノを壊す手段としても使える。この場合は御言葉かガルグイユ自爆の場合は女帝か撤退を使わないと防げないので、宇宙統べな国力で処刑がカウンターされるなんて時の予備にもなる。
更に中立G。ユニット不足を補いつつ、レラ4やルペのある合計3を実現するのが容易になっている。このお陰でデッキ構築の自由度が上がって、3国力も安心して実用カードとして使っていける。報道の威力底上げもしやすい。
注意点は、ピピニーデンでの速攻や強襲を中立ユニットは得ることが出来ないので、迂闊に部隊に入れてはいけないところと、女帝退場で消えて無くなるので、女帝が来そうなときは出撃しないで済むなら配備エリアに置いておくこと。
課題は対速攻だが、展開力が強化されているのだから、序盤は焦らず掃討で蹴散らしてから展開するという中速っぽい動きが正しいと結論。勿論掃討で落ちないガルグイユや防御2+キャラセットはさっさとプレイする。報道も利用することで、場と手札の全てを壊滅させるのが理想。クイックユニットとハイザックを主体に出来れば、かなり面白い対速攻戦が期待できるかもしれない。<まだ机上の空論
青単速攻の様に、掃討で蹴散らしづらい相手には効かないため、相変わらず大きな課題といえる。また、ロンゼ対策も根本的にはないので、押し込みとルペに頼って行くしかないのが厳しいところか。鎖を入れるかどうかも難しい判断のしどころだろう。

○萌え単ハンデス
<ユニット×17>
ジム改高機動型×3
ジムスナイパーIII×2
ザク強攻偵察型×2
ハイザック(BB)×2
ガルグイユ×3
甲バイク×3
ガリクソン×2

<キャラクター×4>
エマ(BB)
ロザミア・バダム
ルペ・シノ×2(9弾)

<コマンド×11>
公開処刑×2
偽りの会談×3
報道された戦争×3
シンデレラ・フォウ×3

<オペレーション×2>
決戦×2

<G×16>
G-18×12
中立部隊G×4

<サイドボード>
ジムスナイパーIII
ティターンズ結成×2
特攻×2
アルベオ・ピピニーデン
マトッシュ
カラ
整備不良×2

<御守り>
持っていくの忘れた