戻る

廃棄について

廃棄について

[コラム]

 廃棄

廃棄」とは「(その場所から)取り除く」事を指します。「廃棄」によって取り除かれたカードは、次にジャンクヤードに移ります。この手順は、「廃棄する」効果の解決時に行われる為、カットインできません。場から場以外の場所に移ったカードは、破壊状態やダメージ、それまでに受けていた効果が、全て無効になります。

効果としては「場所から場所への移動」として扱われます。

カードは何によって廃棄されたかを記憶しています。「戦闘ダメージ」で破壊された事により発生した「廃棄する」効果は、「戦闘ダメージでの廃棄」と認識されますし、「敵軍赤い彗星」で破壊された事により発生した「廃棄する」効果は、「敵軍効果での廃棄」と認識されます。

破壊により発生した廃棄は特殊で、敵軍効果で破壊された事による廃棄は「敵軍効果での移動」になりますが、「敵軍効果では移動しない」「敵軍効果の対象にならない」という効果で防ぐことは出来ません。

無差別攻撃の様な直接的な「廃棄する」という敵軍効果は、「敵軍効果では移動しない」という効果で防ぐことが可能です。

 廃棄のメカニズム

  1. 「このカードを廃棄する」という効果が解決する。又は、テキスト等の効果によって廃棄する。
    • 「場から離れた場合」及び「廃棄された場合」という条件の(自動D)が起動、発生待ち。
  2. カードが在った場所から離れる。>ジャンクヤードへ向かう。
  3. 手札や捨て山等「場以外」にあったカードの場合、公開されたことで「カードの種類」が認識される。
  4. 「カードが廃棄された」と認識する。
  5. カード種類を再認識する。
    • カードとして扱われているコインは取り除かれる。
  6. 「場から離れた場合」及び「廃棄された場合」という条件の置き換え型(自動D[1]の適用。
  7. ジャンクヤードに置く。

一連の流れであり、カットイン不可です。

効果の解決後、1.で起動した通常の(自動D)が発生します。複数発生している場合は、攻撃側プレイヤーが順番を決定します。

  • [1]「置き換え型」とは、効果の本来の処理を別の処理に置き換える効果です。


戻る